自分に合った仕事を見つけよう【貿易事務の求人を有利に進める】

受信と発信で仕事が異なる

オペレーター

仕事内容を確認して応募

電話で顧客とやり取りすることになるコールセンターの仕事は、座っている時間が長いので体力に自信がない場合でも勤めることができます。肉体的な疲労は少なかったとしても、会話をするので精神的な疲労を感じる可能性はあります。ただ、コールセンターでの仕事はマニュアルに基づいて行われるため、慣れてしまえば上手に対応できるようになるので、精神的な疲れは徐々に減っていきます。コールセンターの求人に応募する場合は、受信と発信で仕事が異なることです。顧客からかかってきた電話に応対するのが受信の仕事です。代表的なのが通販で注文を受ける状況です。内容を間違えないように集中して仕事に取り組むことが大事です。また、コールセンターにて自分から顧客に電話をかけるのが発信の仕事です。クレジットカードや保険の勧誘など、コールセンターでの発信業務は営業の要素が強いです。このように、コールセンターでは受信と発信で仕事が異なるので、求人にて仕事内容を確認してから応募しましょう。求人には仕事内容が書かれているので、確認すれば受信と発信のどちらを担当するのかわかります。どちらの求人に応募すべきか迷った時は、自分の性格で決めることができます。たとえば、聞くのが得意な性格であれば、受信業務を選んだ方がやりがいはあるでしょう。また、外交的で自分から話しかけることに抵抗がない性格の場合は、発信業務を選ぶことで会話を楽しみながら仕事に取り組めます。